未経験でも目指せる!Webデザイナーってどんな仕事?

子育て中の主婦にもできるお仕事としてよく聞く「Webデザイナー」に興味はあるものの、
どんなことをするのか詳しくは知らないという方に向けて今回はちょっと詳しい話をしていこうと思います。

【Webデザイナーってどんなことをするの?】

みなさんがパソコンやスマホでよく目にする「ホームページ」のことを別名「Webサイト」と呼ぶのですが
Webサイトは企業や団体の「顔」とも呼べるもので広報、
広告宣伝やマーケティング、商品販売など様々な目的で制作され集客につながる重要な役割を担っています。

Webデザイナーは、メーカーなどの企業や官公庁、
学校などの依頼を受けてそのWebサイトの企画やデザイン、制作を行う人のことを指します。

【具体的に、どんなことをしているのか?】

まず、クライアントからの課題や要望を聞く「ヒアリング」を行います。
それを元に競合サイトの「調査・分析」を行いコンセプトや構成を決める「サイト設計」や
コンテンツを決める「画面情報設計」をしていきます。
クライアントの課題解決につながる企画と情報設計でなければいくらデザインが良くても効果はないため、重要な行程になります。

そしていよいよ「デザイン」。
Illustrator, Photoshopなどのグラフィックソフトを使ってカラーやレイアウトの調整や、写真素材の加工などを行います。
最終的なデザイン調整はピクセルと呼ばれるデータの最小単位で行われるので集中力と根気が必要になっていきます。

それが終わると、htmlやCSSなどの文字列で構成する「コーディング」と更新しやすいシステムなどを構築する「プログラミング」を行います。
この行程では1文字でも記述を誤ると正しく表示されませんので不具合が発生した場合には、1文字必要な単位で原因を探り修正を加えて、最終確認→完成となります。

この一連の制作作業は、Webデザイナーが一人で全てを行うこともあれば、他の職種の人と協力して行うこともありますが個人で活動する場合には、それに加えて、経営、経理、営業を行います。

そして、完成後はクライアントに見て確認してもらいます。
確認はメールなどに完成したファイルを添付して送る場合とオンラインストレージサービスの共有フォルダやサーバー(サブディレクトリまたはルートディレクトリ)にアップロードする場合があります。
そこでOKを頂いて、ひとつの仕事が完了となります。
※その後も更新作業やサイト運営のサポート等を行うこともあります。

こんな感じですが、Webデザイナーの仕事について具体的に想像できましたでしょうか?

Webデザイナーを目指す方の参考になれば幸いです。

最新情報をCheck!
>Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作をする楽しさや、お客様に喜ばれる嬉しさを知り、この仕事に専念したいと思いフリーランスになりました。些細なことでも、お気軽にお問い合わせください。ご相談だけでも可能です。

CTR IMG