産後の疲れや体力が戻らない原因は?産後3か月経てば楽になる?

産後三か月のママの身体と心の状態

産後三か月になると月経が再開する人も多くなり
それに伴って生理前のイライラや生理痛に悩む人も出てきます。

ただでさえ産後は母乳を出す為にプロラクチンというホルモンが増加し
エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが減少する為に
ストレスを感じやすくなっています。

その上、生理まで再開してしまったら
更なるストレスにさらされることとなりママはとても辛いですよね。

どんなに望んだはずの赤ちゃんでも、
産後にストレスを感じないママは居ないでしょう。

これはホルモンバランスが急激に変化することで
ストレスを感じやすく、気持ちが不安定な状況になりやすいだけで
決してママ自身を責める必要はないんです。

もちろん、赤ちゃんに八つ当たりするわけにはいきませんから
赤ちゃんを預かってもらって短時間でもいいので
一人の時間を持てるようにするといいですね。

特に3か月を過ぎてくると授乳の間隔もあきやすくなるうえに
首もしっかりしてくるので預かってもらいやすくなります。

ゆっくり一人でお風呂に入る時間や
ちょっとしたカフェに一人で行ったり
軽くショッピングなどに行くのもいいですね。

赤ちゃんを預かってくれる身内が側に居ない場合は
児童館や、子育て支援センターや催しなどに参加するのもいいでしょう。

同じ境遇のママとおしゃべりしたり
先輩ママさんとのおしゃべり、
保健師さんに話を聞いてもらうだけでも気持ちが軽くなることがありますよ。

産後3か月経ってもまだ子宮の大きさは
完全には戻っていない場合も多いですし
抜け毛や尿失禁に悩むママも多いです。

体力も3か月ではまだまだ戻りにくいですし
逆に産後3・4か月は
一番疲れが出やすい時期とも言われているんですよ。

やっぱり辛いのは一番睡眠不足?

産後3・4か月で疲れがどっと出る原因は
大小様々ですが、やはり大きな理由として
「睡眠不足」がありますよね。

妊娠してない状態であっても
寝不足状態が3か月も続けば
体力は落ちるし、精神的にも追い詰められてしまいますよね。

判断力も低下しますし
元気に過ごすなんてことは非常に難しくなります。

産後3か月頃になると産後うつや産後クライシスの兆候が
出やすくなるともいわれています。

産後うつの兆候としては

  • 気分が落ち込みやすい。
  • 不安や焦りを感じやすい。
  • 不眠
  • 母親としてだめだと自分を無意識に責めてしまう。
  • 子供や夫に対して愛情が湧かなくなる、わからなくなる。
  • 恐怖感や孤独感が強い。

などの兆候が見られ重症化すると「自殺」を考えるようになってしまいます。

産後クライシスとは「産後に起こる夫婦間の危機」を指し示します。
多くが、ママからパパへの愛情が低下してしまう状態です。

愛情低下の理由はいろいろありますが

  • 産後ママは本能で子供を守ろうとする為。
  • パパを遠ざけたいと無意識に感じてしまう。
  • 子供中心の生活にパパの協力や理解がない。
  • パパが子育ての大変さを理解しようとしない。
  • 夫婦間での会話が子供中心となり互いへの興味が薄れる。
  • 子供ばかりをかまうママに対してパパが面白くないと感じる。
  • 思いやりや労いの言葉かけがお互いに足りない。

などの理由があります。

物理的な距離を置くことで解決する場合や
当番表などを作って分担をお願いして解決したり
二人で出かける時間を意図的に作ることで改善されたケースもありますが

うまく解決できなかった場合
パパが不倫に走ったり、ママが離婚を心に決めてしまったりして
結果離婚となるケースも・・・

産後クライシスや産後うつを予防するためにも
睡眠不足を上手に解決することはとても有効だと思います。

質の良い睡眠/休憩を取ろう

まず1日の行動を見直してみて下さい。
昼間、休憩がとれていますか?
赤ちゃんが寝ている間にあれもこれもと動き回っていませんか?

できれば赤ちゃんが寝ている時間には
お母さんも休憩をしましょう。

赤ちゃんの生活パターンが決まっている場合は
規則正しい生活を心がけましょう。

赤ちゃんと共に早寝をして早起きをすることを心がけ
朝起きたら一番に朝日を浴びると体内時計が正しく動きやすくなります。

そしてホルモンバランスを整える為に
身体を冷やさない事/豆腐や納豆などの豆製品を多くとる事を意識してみましょう。

特に首/手首/足首は冷やさないようにして
冷たい飲み物や食べ物を取りすぎるのは控えましょう。

食事は出来るだけバランスのよい暖かい食べ物を選ぶようにして
夏野菜や南国で育つフルーツなどの過剰摂取は控えると良いです。

夜寝る時は、できれば部屋を真っ暗にして
身体を締め付けないような格好で寝るようにします。

寝る前の軽いストレッチやヨガなどは
睡眠の質を上げるのにとても効果的ですし
ダイエットや骨盤矯正にも役立つので積極的に取り入れてみましょう。

甲状腺機能障害を疑ってみる

睡眠の質を改善しても
なかなか体力が戻らず、午前中ずっと調子が悪い場合や
イライラが続いたり、動悸が激しい場合などはバセドウ病を疑ってみましょう。

バセドウ病は別名「グットモーニングがない病気」と言われる病気で
気持ちよく朝を迎える事が出来ない場合がとても多いのです。

主な症状としては

  • 疲れやすい。
  • 動悸。
  • 手や指の震え。
  • 息切れ。
  • 多汗。
  • 暑がり。
  • 食べているのに体重が減る。
  • 精神不安。

などが見受けられます。

もしも、バセドウ病の場合は
授乳中でも飲めるお薬を処方してもらうことで
驚くほど身体が楽になります。

産後の一時的なものでなることもありますが
3・4か月を過ぎても上記の症状が落ち着かない場合は
1度病院に行ってみて相談するのが良いでしょう。

最新情報をCheck!
>Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作をする楽しさや、お客様に喜ばれる嬉しさを知り、この仕事に専念したいと思いフリーランスになりました。些細なことでも、お気軽にお問い合わせください。ご相談だけでも可能です。

CTR IMG