子育てママの駆け出しWEBデザイナーが、案件をもらう3つ方法

WEBデザイナーを目指して勉強し少しずつスキルを身につけたら、

次はどのように仕事をとっていけばよいか、

という問題に直面します。

子育てをしながらの在宅ワークなので、企業やお店を周るような提案営業は少し難しいかもしれません。

また、初心者のスキルでは、大きな規模・金額の案件を受けるには少し自信がないですよね。

そんな環境の中でWEBデザインの仕事を受けることができるおすすめの方法を3つ紹介いたします。

①知り合いや友達のWEBサイトやバナーなどの製作をさせてもらいましょう。

これは、制作物の完成度やスキルのレベルよりも、

お互いの「信頼関係」で成り立つ案件になります。

実際に制作させていただくもので満足してもらえればベストなのですが、

どちらかといえば自身の実績作りや経験として意味のあるものだと思います。

ですので最初は無料、もしくは安価な制作費で行います。

身近な方の制作をたくさん行うことで経験を積むことができます。

②クラウドソーシングのサービスを利用しましょう。

有名なものですと

「クラウドワークス」や「ランサーズ」、「ココナラ」のような、

発注したい方とお仕事が欲しい方をマッチングするサービスがあります。

このサービスを利用するメリットとしては、取り扱っている案件数が多く、また案件のレベルの幅が広いので、

駆け出しの方にも挑戦しやすいものとなります。

例えば、ちょっとしたサイトの修正やバナー1枚からの作成案件などもありますので、

あなたのスキルに合わせた案件を選んで行うことができます。

③SNSで発信しましょう。

アカウントを育てる(フォロワー数を増やす、知名度を上げる)

という意味では少し時間がかかるツールではありますが、

自分がどんなWEBデザインやバナー制作ができるかなどを日々の制作活動を発信することで、

企業やフォロワーから案件をいただく方法です。

自分が普段どのようなもの作成しているか、

どんな実績を作っているかが見えるので、

オーダーをいただく方との関係がより築きやすいことがメリットとなります。

注意点として、

②③は①とは違い、

提案、受注、納品までを「依頼者と顔を合わせず」行うことが多く、

メールなどのちょっとした行き違いから、大きなトラブルになることもあるので慎重に進めていく必要があります。

WEBデザイナーを始めて駆け出しの時期がお仕事を受注する際、一番難しい時期になると思います。

上記の方法を参考に、自分に合った方法を試しながら少しずつ案件を増やしていき、

同時にスキルアップにつなげていただけたらと思います。

最新情報をCheck!
>Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作をする楽しさや、お客様に喜ばれる嬉しさを知り、この仕事に専念したいと思いフリーランスになりました。些細なことでも、お気軽にお問い合わせください。ご相談だけでも可能です。

CTR IMG