HP制作会社のトラブル事例とは?

自分ではホームページ(※以下HPと記します)を作成するのが難しく、

HP制作会社に依頼をするという方もいることと思います。

しかし、実はHP制作会社を利用することでトラブルに見舞われてしまうというケースも少なくはありません。

今回は、HP制作会社のトラブル事例や利用する際の注意点についてご紹介していきたいと思います。

HP制作会社を利用してトラブルに巻き込まれた失敗例!

1:デザインが思っていたのと違う…

HP制作において最もトラブルが多いのがこのデザインについてです。

デザインというのは言ってしまえば感性の話になり、

個人個人で感性は異なります。

そのため、クライアントと制作会社の間で思い描いていたイメージが違い、

デザインに不満が残ってしまうということはよくあります。

理想に近いデザインに仕上げてほしい場合は、

事前に自分のイメージに近いHPをいくつかピックアップしておき、会社側に情報共有しておくのがいいでしょう。

また、デザインが思い通りではなかったのに、修正に対応してもらえないということもあります。

デザインなどの修正については通常契約書などに何回まで対応するという旨が書いてあるものですが、

稀に書いてない場合はこうして修正に関するトラブルに発展する場合もあります。

そのため、契約の段階でしっかりと契約書を確認し、

修正回数に関する表記がない場合は会社側に質問して明確にするといいでしょう。

2:著作権が制作会社側にある

HPの著作権を制作会社側が持つという場合もあり、

こうした場合はHPで使用する素材の著作権について制作会社側と揉めてしまうこともあります。

大金を払ってHPを作ってもらったのに、

著作権が自分に無いせいで色々と使い勝手が悪いという事態に陥ってしまうこともあります。

こうした事態を避けるためにも、

契約の段階でHPの著作権や所有権についてしっかりと確認しておくのがいいでしょう。

3:CMSの使い方が分からず自分で更新出来ない

CMSというのは(コンテンツマネジメントシステム)の略で、

分かりやすく說明するとHPを作成・編集するソフトのことです。(現在ではWordPressなどが主流となっています)

HPが完成した後は、このCMSを使って記事を増やしたりと更新作業を行っていくのですが、

このCMSの使い方に関する引き継ぎや說明がHP制作会社側から成されず、

使い方が分からないため結局またHP制作会社にお金を払って頼ることになった…という事例も少なくありません。

ブログの更新など何度も行っていく作業でいちいち費用が発生するのはコスパも悪いので避けたいですよね。

こうした事態を避けるためにも、

契約の段階でHP完成後にCMSの使い方に関するマニュアルなどはあるか?という点を確認しておきましょう。

4:ブラウザによっては表示崩れが起きてしまう

HPの制作を依頼して、

完成したHPを実際に見てみたら表示崩れが起きていた…ということもあります。

ただし、これについては致し方ない点もあります。というのも、現在ブラウザというのは

  • インターネットエクスプローラー
  • Edge
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Safari

と多岐に渡っており、

これら全てのブラウザと各バージョンに対応したHPを作るのは難しいのが現状です。

そのため、自分が重視するブラウザを予め決めておき、

そのブラウザに対応していると明記しているHP制作会社を選ぶのがいいでしょう。

多くの方が利用しているGoogle Chromeや、

スマホなどのブラウザとして採用されていることがあるSafariに狙いを絞るのが妥当です。

HP制作会社の利用によるトラブルを避けるためには、

まず契約書の内容をしっかりと確認することが重要です。

そして、デザインなどのイメージの食い違いを避けるために、

自分が思い描いているHP像をしっかりと可視化し、制作会社と共有するのを忘れないようにしましょう。

最新情報をCheck!
>Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作をする楽しさや、お客様に喜ばれる嬉しさを知り、この仕事に専念したいと思いフリーランスになりました。些細なことでも、お気軽にお問い合わせください。ご相談だけでも可能です。

CTR IMG