HPを作る際のサーバーはどこがオススメ?

自分オリジナルのホームページ(※以下HPと記します)を

作成するには、ドメインやサーバーを用意する必要があります。

今回はその準備の中の1つである、

サーバーの選び方について解説していきたいと思います。

サーバーとは何か?

まずは、そもそもサーバーとは何か?

という点について解説していきます。

サーバーというのは簡単に説明すると、ネットワーク上のデータを保管する保管庫のようなものです。

そして、それと同時にネットワーク経由で

「あなたのHPが見たい!」

とリクエストがあった時、対応するデータを引き出して相手に表示する役目を持ちます。

よくドメイン、サーバー、HPの3つは

  • 住所
  • 土地
  • 建物

の関係に例えられることがあります。

例えばお家を立てようと思っても、

まず第一として土地が無くては建物を立てること自体が出来ませんよね?

ネット上では

建物=HP

土地=サーバー

です。

HPというデータを作りたくても、

サーバーというデータの保管場所が無ければそもそも作ること自体が出来ないということになります。

そして、土地があって建物を立てても、住所を登録しなければそれは正式なものにはなりません。

そのためドメインという住所を用意する必要があるという認識でOKです。
(実際HPを作る場合は、先にドメインとサーバーを用意してからHPを作成し始めるという手順になります)

サーバーを用意するにはどうすればいいのか?

では、そんなサーバーを用意するにはどうすればいいのかと言うと、

一般的には企業が提供しているレンタルサーバーを利用するのがいいでしょう。

レンタルサーバーを提供しているサービスには

  • エックスサーバー
  • ロリポップサーバー
  • StarServer
  • ConoHa WING

などがあります。

それぞれのサーバーはディスク容量や設定出来るドメイン数やメールアドレス数など、

性能に違いがあり、それに伴って料金も変わってきます。

オススメのレンタルサーバーはどこ?

レンタルサーバーを提供しているサービスは多数あるのでどれを選べばいいのか分からないという方は多いと思いますが、

是非オススメしたいのは「ConoHa WING(コノハウィング)」です。

「ConoHa WING(コノハウィング)」の最たる長所は、何と言ってもHPの表示が早いという点です。

HPの表示が遅いとアクセスした人が待ちきれずブラウザバックしてしまう可能性がありますし、

Googleなどの検索エンジンからの評価も下がるためアクセス数も下がってしまいます。

HPの表示速度というのは非常に重要な要素なので、ここが強いというのは嬉しいポイントです。

また、サーバーの稼働状態が安定しており、

急なアクセス増加や大量の同時アクセスがあっても問題無く動作するというのも特徴です。

さらに、無料独自SSLやwebアプリケーションファイアウォール、

迷惑メール対策、データの自動バックアップなどセキュリティ面でも

様々な機能を有しているため、トラブルの芽を予め摘むことが出来るのも魅力です。

加えて、「ConoHa WING(コノハウィング)」には「WINGパック」というプランがあり、

こちらで契約すると独自ドメインが2つまで無料でついてきます。

サーバーと独自ドメインをまとめて用意することが出来るのが嬉しいですね。

WINGパックはベーシックプランでも300GBと十分なディレクトリ容量があり、

初期費用無料・月額891円で利用することが出来ます。(2021年5月14日現在の料金)

オリジナルのHPを作成するなら、あなたも是非「ConoHa WING(コノハウィング)」のWINGプランを利用してみてください。


コノハウィング

最新情報をCheck!
>Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作をする楽しさや、お客様に喜ばれる嬉しさを知り、この仕事に専念したいと思いフリーランスになりました。些細なことでも、お気軽にお問い合わせください。ご相談だけでも可能です。

CTR IMG