HP作成をフリーランスに依頼するのはアリ?メリット・デメリットを解説!

ホームページ(※以下HPと記します)を作成する際、

自分では作るのが難しい場合、HP制作会社に依頼をするという方も多いと思います。

しかし、HP制作会社以外の外注先として、

フリーランスでHP制作を行っている方に依頼するという手段もあります。

今回は、HP制作をフリーランスに依頼することのメリット・デメリットについてご紹介していきたいと思います。

HP制作をフリーランスに依頼するメリット

まず最初にHP制作をフリーランスに依頼することのメリットについてご紹介していきます。

フリーランスを利用するメリットは主に

  • 企業に比べて費用が安い
  • 打ち合わせの手間が少ない

という2点です。

企業の場合は複数の社員を抱えているため人件費がかかりますし、

会社施設を維持するための費用もかかります。

そのため、どうしても仕事1件あたりの単価を高くしなくてはいけないという事情があります。

しかし、フリーランスの場合は個人でHP制作を行っているため、

社員への人件費や会社施設の維持費などの費用がかかりません。

そのため概ね企業に依頼するよりも制作費を安くすることが出来る傾向にあります。

また、企業の場合はWebデザインやコーディングなど、

それぞれの作業に別々の担当者が割り当てられていることが多いため、

1つのHPを作るのにも複数の人と打ち合わせをしなくてはなりません。

そのためその分打ち合わせの手間がかかります。

しかし、フリーランスの場合は基本的に1人で全作業を担当することが多いので、

別々の人と打ち合わせをするという手間は無くなります。

情報共有する必要がある人数が減るので、より自分の理想のHPを作りやすくなるでしょう。

HP制作をフリーランスに依頼するデメリット

次はフリーランスを利用することのデメリットについてです。

フリーランスにHP制作を依頼するデメリットとしては主に

  • 納期が遅くなってしまう可能性が高い
  • アフターサポートが急に無くなる可能性がある

という点が挙げられます。

先程もお伝えしたように、

フリーランスは基本的に1人でHP作成に関わる全作業をこなす場合が多いのが特徴です。

つまり、言い換えると作業の負担が1人集中するということなので、

どうしても希望の納期よりも遅くなってしまうことがあります。

また、企業にHP制作を依頼した場合、

担当者が退社した場合でも他の方が担当についてアフターサービスを引き継いでくれますが、

フリーランスの場合は代わりとなる方がいないため、

相手の廃業などの都合によって急にアフターサービスが打ち切られてしまう可能性があります。

フリーランスを利用する際は、上記のリスクを十分承知した上で依頼するようにしましょう。

フリーランスの人に依頼するにはどうすればいいのか?

最後にフリーランスの方にHP制作を依頼する方法ですが、一般的には

  • ココナラ
  • クラウドワークス
  • ランサーズ

などのクラウドソーシングサイトにて依頼を出すのがいいでしょう。

クラウドソーシングサイトではフリーランスで仕事を請け負っている方々が多くいるので、

要求が多すぎたり料金が安すぎるなど、条件によほどの問題が無い場合は誰かがあなたの依頼に応募してきてくれます。

また、仕事を依頼する場合は相手の方の過去の経歴や実績なども確認させてもらうようにするのがいいでしょう。

HPを作成する場合は、自作や企業への依頼だけではなく、フリーランスへの依頼も選択肢の1つとして考えておきましょう。

私も、ココナラで出品しています。

最新情報をCheck!
>Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作をする楽しさや、お客様に喜ばれる嬉しさを知り、この仕事に専念したいと思いフリーランスになりました。些細なことでも、お気軽にお問い合わせください。ご相談だけでも可能です。

CTR IMG