「よく聞く「クラウドソーシング」と「スキルマーケット」の違いとは? 気になる報酬の支払い方は?」

今回はクラウドソーシングと同じく在宅ワーカーに人気がある
「スキルマーケット」について比較しながらお話ししていきます。

【クラウドソーシング】

インターネット上で企業が不特定多数の人に業務を発注(アウトソーシング)する業務形態です。お仕事の依頼する側の中ですでに依頼したい案件が決まっていて、やってくれる人を募集します。
私たち(製作する側)は案件募集の書き込みの中から自分が対応できそうな案件に応募します。
例としてクラウドワークス、ランサーズ、クラウディアが有名です。

報酬については確定タイミングの違いによって4つに分けることができます。

①確定報酬方式

作業量が決まっている案件の時によく用いられ
契約時に仕事を依頼する側と製作する側の間で報酬額を決めて
納品した物に応じて報酬が支払われる方法です。
製作する側が納品し、依頼した側が検収を完了した時点で報酬確定。
作業中、依頼内容に変更や追加が生じた場合にも金額の対応が可能です。

②時間単価方式

「不定期になるけど継続的にお願いしたい」みたいな
明確な作業量が決まっていない案件でよく用いられ
実際に稼働した時間に応じて「時給」が支払われる方法です。
クラウドソーシングが用意しているタイムカードアプリで稼働時間は管理されます。

③コンペ方式

ロゴ・バナーなどデザイン案の募集や
ネーミング案の募集などで用いられ
依頼する側がデザインやプランを募集し
製作する側が依頼内容に基づいてデザインやプランを提出。
複数の方がコンペに参加する場合があるので提出物が採用されれば報酬が確定、という方法です。

④タスク方式

簡単なアンケートやレビューの回答などでよく用いられ
1つの案件に対し、複数人の作業する側が同時に作業を行って
納品後、依頼する側から承認が得られれば報酬が確定する方法です。

報酬の支払われるタイミングはクラウドソーシングによって様々で
前もって登録しておいた銀行口座宛に運営会社から報酬が振り込まれます。
「キャリーオーバー方式」の設定が可能な場合は次回以降の締め日まで出金が繰り越されます。

【スキルマーケット】

自分のスキルに価格を設定して、商品化した物を出品(納品)するタイプです。
出品する段階では明確な依頼する側がいないので
「何円でこんなホームページを作りますよ!」と出品さえしておけば
こちらから案件を探さなくても仕事が転がり込んでくるのを待つ、という感じです。
オプションで「こんな機能を何円で追加できます」と書いておけば
それ以外の細かいリクエストを受けることはないので安心ですね。
ココナラ、スキルクラウド、ストアパッケージ(旧ランサーズストア)が有名です。

スキルマーケットの報酬の支払いは
自分で価格を付けて出品しているので、全て固定報酬方式です。
前もって登録している銀行口座宛てに運営会社から振り込まれ
報酬が支払われるタイミングはサイトにより異なります。

違いが分かったところで、ご自分に合うサイトで挑戦してみてください。

最新情報をCheck!
>Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作をする楽しさや、お客様に喜ばれる嬉しさを知り、この仕事に専念したいと思いフリーランスになりました。些細なことでも、お気軽にお問い合わせください。ご相談だけでも可能です。

CTR IMG