未経験WEBデザイナーに「クラウドソーシング」をおすすめする理由とは?

政府の副業解禁の動きやコロナ禍などの影響もあって
時間や場所を選ばず空いた時間に仕事ができる在宅ワークが注目されています。
以前はSOHO(ソーホー / Small Office/Home Office)という
個人事業主が自宅や小さなオフィスで働く職場形態が人気でしたが
近年では「クラウドソーシング」が主となってきました。

今回はその「クラウドソーシング」についてお話していきます。

【そもそもクラウドソーシングとは?】

クラウドは「cloud(雲)」ではなく「crowd(群衆)」のことで
「sourcing(調達)」を合わせた造語=クラウドソーシング「crowd sourcing」で
インターネット上で企業が不特定多数の人に業務を発注する
比較的新しい業務形態のことを言います。
アウトソーシングは企業が特定の人(専門の業者)に委託することですが
クラウドソーシングの場合は「不特定多数」なので
業者じゃなくても、主婦・サラリーマン・学生・フリーランスなど
誰にでも仕事を受注するチャンスがある、ということです。

【クラウドソーシングが未経験の人におすすめの理由】

この「誰にでも」というのは「未経験の分野でも」なので
在宅や副業で仕事が始めたいという人にとっても、クラウドソーシングはオススメ。

理由1:企業側(依頼する側)が自社案件の対応を任せる人材を募集しているので
私たち(作業する側)からは応募するだけで良い。

理由2:依頼する側にとって大事なことは「きっちり仕上げて貰えること」なので
無資格でも実務経験がなくても、独学などで学んでさえいれば
交渉次第ですぐに仕事を任せてもらえるチャンスが多くあります。

理由その3:支払いトラブルが起こりづらい
未経験者にとっての不安のひとつに支払いトラブルがあると思うのですが
クラウドソーシングでは仮払い(エスクロー)方式をとっているサイトが多いので
一生懸命働いて完成させたのに未払いのまま逃げられた…ということにはなりません。

仮払い(エスクロー)方式での仕事の流れにつきましては
オークションサイトでの取引経験者ならご存知だと思いますが
①依頼する側との間で仕事の契約が成立
②依頼する側がクラウドソーシングの運営会社へ報酬を支払う
(それを確認してから仕事に取り掛かる)
③作業終了後、依頼する側に提出(納品)する
④依頼する側が検収(受理)→クラウドソーシング運営会社から報酬を受け取る
となっているので、仮に提出後に連絡が取れなくなっても
運営会社にこちらの正当性が認められれば
依頼する側の代わりに運営会社が検収作業を行った上で
事前に依頼する側から受け取っている金額が支払われるのです。
一方的にキャンセルされた(または減額された)場合も
双方の同意がないと金額の変更、契約の破棄、仮払いの戻しはできない仕組みになっています。

以上の点から、在宅ワークの入門として
クラウドソーシングを検討してみてはいかがでしょうか。

最新情報をCheck!
>Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作をする楽しさや、お客様に喜ばれる嬉しさを知り、この仕事に専念したいと思いフリーランスになりました。些細なことでも、お気軽にお問い合わせください。ご相談だけでも可能です。

CTR IMG