子育てとスマホ問題。 子育てにスマホを使うのはいけないこと?

スマートフォン(※以下スマホと記します)は、現代社会を生きる私たちにとって今や必需品と化しています。

そこで近年、問題となっているのが、子ども達のスマホ依存ですね。

スマホは子どもにとってこの上ない最高のオモチャにもなります。

  • タッチやスライドをすることで、音が鳴り、絵が動く。
  • 子ども向けのアプリもどんどん開発され何種類でも遊べる要素がある。

そういったことから、スマホは子育てにおいて欠かせないものとなっているご家庭もあるかと思います。

そこで当然気になるのは、スマホと使うことによって起こる子どもへの影響です。

今回は

「子育てとスマホ」

をテーマに解説していきたいと思います。

子育てにスマホを使うのはアリ?

この問題は専門家により意見が分かれるものですが、これに対する私の答えは「YES」です。

まずは時代の変化を受け入れるのは大切だということ。

昔はスマホなんて存在していなかった、昔は子どもが泣いたりグズったりした時は抱っこやおんぶをしてあやしていたものなのに…等、

子育ての内容を昔と比べてばかりではいつまでも社会は発展しません。

便利なものはどんどん子育てに取り入れていくべきだと思います。

重要なのはその使い方です。

朝から晩までずっとスマホを持たせて遊ばせるというのは、視力の低下はもちろんのこと子どもの発達にも影響が出てくることでしょう。

子どもは親とのコミュニケーションや日々の声かけから言葉を覚えたり、表情を読み取る能力を伸ばしていくものですが、一日中スマホと向き合い動画やゲームをしているとどういった影響がでてくるのかはもう皆さんお分かりかと思います。

スマホは行きっぱなしの言葉のシャワーであり、その言葉に反応する機会が失われてしまう為に言語の遅れや表情が乏しくなるという症状が出てくる場合があります。

ものには何でも限度があります。

昔と今では時代は大きく変わり、今はデジタルの時代ですので、子ども達がスマホやタブレットを操作できるのは当たり前の時代となっています。

その中で子育てにスマホを取り入れるのは何ら不思議なことではありません。

少し休みたい時や手が離せない時、公共の場で静かにするべき場所にいる、そういった時にスマホを利用して上手に活用しながら付き合っていけば、子育てにスマホを取り入れることは何も問題ないと言えるでしょう。

子どもに悪影響を及ぼすスマホの付き合い方

子どもがいくらシグナルを送っても、母親が目を向けているのはいつもスマホの画面。

「いま無理だから」

「邪魔しないで」

と常に子どもからのコンタクトを無視するような環境で育ってしまうと、子どもは感情を表に出せなくなり、感情をコントロールすることができない、いわゆる

「キレやすい子ども」

となってしまう可能性があります。

特に乳幼児から幼少期の子どもは、相手の表情を見ながら心を向かい合わせてコミュニケーションをとることで愛着が成り立ち、自分からの発信を親に受け止めてもらうjことで心豊かに育っていくことができます。

しかし子どもからの発信を無視しつづけると、子どもは自らの発信を諦めてしまうようになるのです。

こういった理由からスマホの使い方で一番気をつけなければならないのは、子どもではなく親自身ということを理解していただければと思います。

全てに対応するのは難しいかもしれませんが、子どもから何らかのサインを受け取った時は急用でない限り一旦手を止めて子どもの顔を見てあげてください。

子どものスマホ依存は親が管理してあげることが可能です。

したがって、子どもがスマホ依存になってしまうことよりも、身近な存在である親自身がスマホ依存になってしまうと子どもの成長に影響が出てくるということです。

神経質になりすぎないで

まだ世の中がガラケー時代だった頃、私は子育てに携帯電話を使用することについて反対派でした。

スーパーで子どもに携帯を見せている母親に周りからの目は冷たく、

「ろくに子育てもできない人」

というレッテルを張られていることを目の当たりにしてきたからです。

「子育てに手を抜いている」

そういった声もたくさん聞いてきました。

しかし、上の子どもから下の子どもに時代は変わり、ガラケー時代からスマホ時代へと移り変わっていく中、スマホを上手に取り入れることで自分自身にも余裕が生まれました。

公共の場で騒ぐ子どもに対しイライラした時に、怒る自分の声のほうが大きかったりするので、そういった時には臨機応変にスマホを活用するのも便利だと感じています。

スマホやタブレットは、長時間見続けることによって目に影響が出るということは否定で出来ません。

機械側からの一方的な発信を受け続けることで、言葉が遅れてしまったり、表情にも影響が出ると言われています。

ですが、長時間使い続けることを避け、親の管理の下使用する分には子どもの発達においてほとんど影響がありません。

むしろ便利なものはどんどん取り入れて良いと筆者は思っています。

子育てにスマホを取り入れることに罪悪感を感じているママも多くいらっしゃいますよね。

しかしながら現代はデジタル社会です。

親がスマホを使用していると子どもは必ず興味を示します。

そして子ども達が近い将来スマホを使用することは避けられない時代となっているのです。

ママが少しでも息抜きができる、休めるのであれば罪悪感を感じることなくスマホを使用しても構わないと思いますよ。

大切なのはスマホを触る時間を管理してあげることです。

それさえ守ることが出来ればスマホは強い子育ての味方として活躍してくれることでしょう。

今ではZ世代が親となっている時代

Z世代の98%はスマホを所有しているという調査報告が出ています。

モバイルは、Z世代の人たちと共に成長を遂げてきたと言っても過言ではありません。

それほどZ世代の人たちにとってスマホは当たり前の存在です。

彼たちはネットワークと共に成長し、世の中はこれからも彼らと共にデジタル化が進んでいくことでしょう。

そういった時代を生きていますので

「子育てにスマホなんて…」

といった考えを持つ人も少なくなってきた傾向にあります。

スマホはすでに日常生活としてあって当たり前のものです。

それにより子育てに取り入れることはもはや当然と言っても良いのかもしれません。

スマホは使用法に注意しながら親と一緒に楽しむことで、親子のコミュケーションをとることも可能です。

あまり神経質にならないでくださいね。

スマホと上手に付き合いながら、これからものびのびとした育児を続けていってくれれば幸いです。

最新情報をCheck!
>Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作をする楽しさや、お客様に喜ばれる嬉しさを知り、この仕事に専念したいと思いフリーランスになりました。些細なことでも、お気軽にお問い合わせください。ご相談だけでも可能です。

CTR IMG