子育て中のママでも大丈夫!在宅で「WEBデザイナー」を目指す勉強方法

子育て中のママでも働ける人気の在宅ワーク「WEBデザイン」。

そんなWEBデザインの仕事を始める上で、

覚えておきたい知識やオススメの学習方法をご紹介します。

Webデザインを学ぶ上で、知っておきたいポイント4つ。

  1. サイトのカラーイメージやその色に関連する、「色」の知識と組み合わせ。
  2. サイトのイメージに合った「フォント」の種類や組み合わせ。
  3. ユーザーの目線のデザインやサイトの設計である「UI/UXデザイン」
  4. 時代に合わせたデザインや色、フォントなど「トレンド」を意識すること。

普段からたくさんの良いサイトや、商品を買いたくなるサイトを意識し見ることで、

この4つのポイントは養うことができます。

色々なサイトのデザインやパターン、手法をたくさん見ることで、

サイトをデザインする際に必要な『引き出し』を増やしておきましょう。

次にWEBデザイナーとして、技術的に必要なものを紹介します。

まずadobeのソフトである

「Illustrator」と「Photoshop」

を使えるようになりましょう。

Illustratorは、テキストと画像を組み合わせたレイアウトの作成やデザイン、

線や図形を組み合わせたイラストの作成に最適なツールで、サイトを見やすくするために必要な技術です。

Photoshopは、写真の加工、色調整を行うもので、商品やサービスをより魅力的にするためのツールです。

この2つのソフトを覚えていく方法として、

WEB検索でわからないこと、覚えたいことを検索して技術を磨く方法もありますが、

より早く正確に身に着けたい方はadobeが提供している公式サイトのチュートリアルに倣って、

操作を覚えていくことをオススメします。

数分間の動画で説明されているので、わかりやすく身に付きやすい方法です。

次に「HTML」と「CSS」の基礎を学び、身に着ける方法。

HTMLはサイトの部分的な装飾の指示を送ることで、

背景の色、枠線の種類、太さ、形など、文字に関する指示を行うものです。

CSSはあらかじめ見出しの文字を太くする、

背景の色、画像入れるなどページ全体に指示を送ることで、

レイアウトの変更や広範囲の文字のフォントを変更することができるものです。

この2つは、プログラミング学習サービスのprogateを使って覚えていくことがオススメです。

実際にブラウザ上でコードを書くことで、すぐに動作を確認できることが大きな特徴です。

また「ドットインストール」で3分前後の短い動画を見ながら覚えていく方法もオススメです。

子育てや家事で時間が限られる中、

WEBデザイナーとしての知識や技術を身に着ける方法として、

上記のような方法を試してみてはいかがでしょうか?

家事や育児と仕事が両立できる主婦・ママデザイナーを目指す人のお役に立てればと思います。

最新情報をCheck!
>Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作をする楽しさや、お客様に喜ばれる嬉しさを知り、この仕事に専念したいと思いフリーランスになりました。些細なことでも、お気軽にお問い合わせください。ご相談だけでも可能です。

CTR IMG