子どもの嘘~嘘をつく子どもの心理と対応~

我が子には、正直で素直な子のまま成長してもらいたい。

そう願う親の気持ちとは裏腹に、

子どもの嘘について悩まされる保護者の方が多く見受けられます。

嘘をつくことで、子どもの成長が全て悪い方向へ向かうわけではありません。

成長の過程のひとつとしてそういった時期がみられる場合もあります。

しかし、

平気で嘘をつくような子になってほしくない…

これは子育てをしている保護者の方たちにとって皆さん同じ願いではないでしょうか。

今回は、小学生低学年までの子どもを対象とした「子どもの嘘」をテーマに、

嘘をついてしまう子どもの心理や注意するべき嘘、その対応についてお話します。

なぜ嘘をつくことが成長の過程になるの?

子どもが嘘をつくためには、必要となってくる能力があります。

それは

「相手の考えていることを推測する能力」

「相手が考えていることを修正しようとする能力」

です。

この能力は、5歳前後から育ってくるものとされていて、

結果4歳以下の子どもはまだ上手に嘘をつくことができません。

4歳以下の子どもがつく嘘は、嘘を嘘だと認識していない場合がほとんどです。

心の理論が理解できるようになって初めて「自分は嘘をついた」ということに気付けるようになります。

ですから子どもが嘘をつくようになるということは、

心の発達が順調に進んでいるために現れるものであって、心の成長のひとつということになります。

子どもが嘘をつくときの心理と注意するべき嘘

子どもがつく嘘の中で心配のないものがあります。

それは「絵本やおはなしの世界で知った物語を現実世界に導いてくる嘘」です。

「青い鳥をみたよ」

「オバケをみたことがあるよ」

こういった類の嘘は、

現実と空想の世界がごっちゃになっている場合がほとんどですので、

ほほえましいものとして話を合わせてあげても良いかと思います。

これらは年齢が高くなるにつれて無くなってくるものですので、

嘘として受け止める必要性はありません。

しかし、次に挙げる嘘については注意が必要です

叱られないようにするための嘘

自分を守るためにつく嘘です。

例えば、

自分がオモチャを壊してしまった時に

「妹が壊した」

「最初から壊れていた」

といったような防衛型の嘘です。

これらは

「叱られたくない」

「親や先生から失望されたくない」

といった心理を元に出てくる嘘であり、

嘘をつくことで困難を回避できることを学んでしまうと、嘘をつくことが常習化してしまう可能性があります。

自分を見てほしい願望からつく嘘

「怖い人に追いかけられた」

「泥棒が入った」

こういった類の嘘は、

大人を驚かせ一瞬で自分に注目を引き寄せることができます。

あとから嘘だったとバレて大変なことになってしまうケースもちらほら…。

実際に子どもの虚言で警察が動いたという話もあるほどです。

これは
「親の愛情をもっと感じたい」

「寂しい」

「自分を見てほしい」

という承認欲求からくる嘘であり、子どもがつく嘘の中で最も注意すべきものとなります。

誰かを守るための嘘

お友達が誰かの物を盗んでいるのを目撃したけれど、知らないフリをする。

誰かに押されてケガをしたけれど自分で転んだと言う。

こういった「誰かを庇う為の嘘」は美談のようですが、

幼い子どもにとっては非常に辛く苦しいものです。

本当のことを言ったら後から怒られるかもしれない、という恐怖心が働いている可能性もあります。

子どもが嘘をついた時の対応

嘘をついた子どもに対して、

最初に理解してもらいたいのは

「嘘をつく必要があった」

という点です。

嘘をついたことに対して何か必ず理由があるということです。

しかし嘘が常習化してしまうと、最初はすぐバレてしまうような単純な嘘でも、

年齢が上がるにつれて知恵がついてきて複雑な嘘になっていきます。

大人でも簡単に騙されてしまうようになるでしょう。

そうなってしまっては困りますので、今のうちから嘘に対しての対応はしっかりとっていく必要があります。

きつく叱りすぎないで

子どもが嘘をついたと知った時は悲しい気持ちになりますし、

怒りがこみ上げてくる時もあるでしょう。

しかしあまりきつく叱りすぎると、その場を逃れようと嘘に嘘を重ねてしまうようになります。

ですから叱るよりも

「嘘をつかれたら悲しい」

という気持ちが伝わるよう話してみてください。

叱られることを回避するための嘘は常習化しやすいので、

あえて「悲しい」という言葉をキーワードにしてみてください。

一度認める

手を洗っていないのに「手を洗った」、

宿題をしていないのに「宿題終わった」。

こういった嘘は一度

「そうだったの」

と認めてあげてください。

そして

「でも手が汚れているからもう一回洗おう」

「宿題一緒にやってみようか」

と嘘を訂正できるように促してみましょう。

その後に

「嘘をついたら自分が困るんだよ」

「嘘をつかれたら嫌な気持ちになるよ」

ということを伝えてあげてください。

本当のことを話した時は褒める

「怒らないから本当のことを話してごらん」

と言いながら本当のことを言ったら叱られた。

そういった経験があると子どもは本当のことを言い出しにくくなってしまいます。

今後嘘をつかないようにするためにも、

本当のことを正直に話してくれたら褒めてあげてください。

大人でもそうだと思いますが、

嘘をついた後に本当のことを話すのはとても勇気がいることです。

きちんと話してくれたことに感謝して、

嘘をついたら悲しくなるんだよ、ということを伝えてあげられると良いですね。

普段からのコミュニケーションを大切に

普段から子どもと関わっていると、

ちょっとした変化にも気付きやすくなります。

1日のうちで数分でも子どもの話しを聞く時間を設けるようにしましょう。

自分に意識が向いている、

自分の話しを聞いてくれている、

これだけでも子どもは心の安定に繋がります。

一日数分、子どもと向き合う時間を作ってコミュニケーションをとりましょう。

さいごに

自分の子どもが嘘をつくようになるなんて…と、

子どもが嘘をついたことに対してショックを受けてしまったり、

自分の育て方が悪かったのかと自問自答になってしまう時もあるかもしれません。

でもそれは違います。

子どもが嘘をついてしまうのはごく自然なことであり、成長の証でもあります。

大切なのは嘘をついてしまった子どもに対するフォローです。

嘘をつく、それはいけないことだと子どもはこれから学習していくんです。

繰り返し、繰り返し…そうやって善悪を理解していけるようになるのですから、

気を落とさないでください。

人は間違うことをしないと成長できません。

未来を背負う子ども達の健やかな成長のためにも、

子どもの小さな嘘を聞き流さず、その都度子どもと向き合っていけたら良いですね。

最新情報をCheck!
>Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作の事なら何でもおまかせください!

Webサイト制作をする楽しさや、お客様に喜ばれる嬉しさを知り、この仕事に専念したいと思いフリーランスになりました。些細なことでも、お気軽にお問い合わせください。ご相談だけでも可能です。

CTR IMG